輝く君の姿。

 

第42回日本アカデミー賞 授賞式に 参加してきました。

 

当落が出たのが1/30。嵐の今後の活動についての報道が出る数日前にぴあのプレミアム会員になり(申し込み期限1週間前くらい)当たったらバイト頑張るしかないと破産覚悟で挑んだ申し込み。だいぶ駆け込みでのプレミアムへの昇格だったし、なんなら当落発表直前、カフェでプレミアム枠で落ちてから一般先行で申し込むのはオッケーなのか...?なんて一般先行のことを考えてたので、まさか本当に当たるとは...(そもそも学生は絶対場違いだと思って選ばれないものだと思ってました。)

 

f:id:natsu073106170830:20190217140834p:image

 

 

街中で "当選"の赤い表記をぴあのマイページで見たときは本当に心臓飛び出るかと...立ち止まって凄い声出した記憶しかない(迷惑)

運がいいのか悪いのか。とんでもないタイミングでとんでもない現場を引いてしまった....。

 

連日の報道で気持ちのアップダウンが激しかった1月末。(この日の夜はオタクとご飯食べて帰ってきたらEnjoy更新されてて泣いた)ツイッターで"当たった !! "と言える空気では当たり前になかったし、いつもの「当たった〜〜!!!!会えるぞ!!!!!!」という浮かれポンチな気分にもなかなかなれずに一人で悶々としてました。

 

 

こんな状況下でもこんな状況下だからこそ会いたい気持ちは変わらずむしろ思いは溢れ出す日々。"二宮くんのファン"そして"授賞式を見守る観客の一人"として恥じないように色々自分なりに準備しました。

 

 

こんな現場(現場と呼ぶことすらできない現場)(結局現場)もうなかなかないと思うので、完全たる自己満として書き残したいと思います。そして私自身も過去に行かれた方の記事でだいぶお世話になったのでもし、今後参加されるどなたかの参考になればと思って書き残します。

 

 

 

3/1は当落発表日でもあったので万が一前回同様10時にきて飛行機の中で当落を確認するなんぞ地獄すぎるなと思って()朝イチの飛行機で羽田に向かいました。

 

空港着いて羽田で当落確認して()美容室行って14時半前には会場に!もう人が沢山いて受付が何種類もあって戸惑いがすごい。(ぴあ専用、招待、会員、関係者諸々)

私は紺色の結婚式等で使えるワンピースを着て行きましたが、お着物を着てる方も沢山いらしてとにかく開場前から華やかな会場に圧巻。

 

 

15時に受付してパンフレットとお花を頂きます。f:id:natsu073106170830:20190302003634j:image

顔つき身分証のみでの本人確認が実施されており、チケットの紙面と身分証の名前が一致しているか、顔が一致しているか時間をかけて丁寧に確認されました。

 

 

そして、このお花の色で自分がどの枠で来てるのか判断されます。ぴあ枠は銀。関係者諸々は確か 赤、黄色、緑。キャスト以外の受賞されてる方が金の大きいお花でした。

 

 

クロークに荷物を預け、授賞式会場に向かうと無料ドリンクサービスなどあって(有り難く頂きました)写真撮影会スタート(笑)この2枚を撮るために並びます...列の前後の方と協力して自分とも一緒に撮ってもらいました。これを撮るのにかなり時間かかって15時ほぼジャストで入ったけど1時間あっという間....

f:id:natsu073106170830:20190302004054j:image
f:id:natsu073106170830:20190302004049j:image

 

 

16時ほぼ定刻でスタートで20時終わり。私の席はFの後半の列、座席番号だったけども、余裕でレッドカーペット肉眼....テレビで見るよりもかなり狭かったです。流石にテーブルの方に行かれると厳しいので双眼鏡を持って行きました。

f:id:natsu073106170830:20190302004749j:image

f:id:natsu073106170830:20190302011040j:image
f:id:natsu073106170830:20190302011036j:image

始まる前にカーペットを何枚も撮影。

神々しい...。

 

二宮くんが出てきた時会場の温度が一度あがるくらいの盛り上がりで、さっそく西島さんと戯れ合う二宮くん(笑)横顔がかっこよい........

 

 

10番のお席に 岡田先輩 西島さん 華ちゃんと一緒に座ってました。(team散り椿)

終始リラックスしてる様子で、お席では西島さんらと談笑してる姿が多々見られ、壇上に上がると少し緊張気味の桃李くんともよくコミュニケーションを取ってるのが印象的でした。

 

順番に発表が進んでいきます。地上波ではトップバッターのように編集されていたと思うんですけども、いくつか発表があった後に最優秀助演男優賞の発表でした。やはり手に力が入りました。だけども、二宮くんのリラックスした表情にこちらも落ち着いて見守ることができました。最優秀主演女優賞の安藤サクラさんのスピーチと涙、松岡茉優ちゃんの涙に胸を打たれ思わずこちらも涙。選ばれる瞬間にかかる音楽に終始鳥肌。お一人お一人の映画に対する熱い思い、それを巻き込む会場の空気感は圧巻でした。そして最後に順番にレッドカーペットを歩いて退場。

黒木華ちゃんと最初2人で並んで歩いていたのですが、2人が笑顔で歩いてる姿を見てこちらも思わず笑顔に。華ちゃんの纏ってる柔らかな空気感と美しさ.....。超お似合い(照)

 

 

開演前に観客が半券を使ってどの作品が最優秀作品賞に選ばれるかを予想して投票し、当たったら抽選で3名がステージに登壇できる抽選会みたいなのが最後の最後にありました。

 

 

 

その後ディナー会場に移動し、20時15分ごろからスタート。

f:id:natsu073106170830:20190302012223j:image
f:id:natsu073106170830:20190302012218j:image

お隣さんと余韻を噛み締めながら楽しくお話し、慣れないテーブルマナーに緊張して食べました(笑)お酒も頂きながらだからか、結構お腹いっぱい...

お開きの合図が21時40分過ぎごろにあり、食事が終わった方から退出。お土産に最優秀賞を受賞した方が頂く腕時計のパンフレットを頂きました。(なかなかのサイズ感(笑))

 

 

 

 

二宮くん目当てで行った授賞式でしたが、皆さんの映画に対する熱い熱い思い、そして最優秀賞を取ることがどんなに難しくて素晴らしいことなのか終始肌で感じることができました。

3年前、最終主演男優賞に選ばれた時。"嵐のみんなもきっと見てくれてる"とこの空気感の中で"嵐"というワードを出した二宮くんの気持ち。そしてこんな素敵な場を3度も経験していることで彼の"映画"というお仕事に対するスタンス。両方の二宮くんの気持ちを授賞式を実際に見て少しながら想像することもできました。

 

 

こんな場所に連れてきてくれてありがとう。そしてもっともっと色んな映画を積極的に見たいと思えました。すでに次回作が決まってる二宮くん。また戻ってきてくれたらなぁなんて贅沢な事も考えてしまうくらいの興奮と感動で胸がいっぱい。もしその機会があれば私も絶対絶対また参加したい。

 

 

本当に本当に素敵な夜でした。二宮くん。ノミネートほんとうにおめでとうございます。

34歳 紫くん

 

松本潤くん。34歳おめでとうございます。

 

二宮担である私がこんな記事を残すのはいかがなものかとも思いました。

 

有難いことに、私の周りの松本担の皆さんは 、一緒に湧こう、応援しよう、愛を叫ぼうと言ってくれます。

 

その言葉をそのままありがたく受け入れ、今この変なポジションにいる訳のわからない末ズ推しの二宮担です。

 

みんなの優しい声をそのまま受け入れ、この記事を残したいと思います。

 

まずは...

 

 

かっこよくて、近くで見るといつも、本当に同じ人間なのかと錯覚してしまって未だに直視すると震えるくらいの眩しい人で、なのに最高に可愛くて、嵐の末っ子で!!!得意料理パスタとか自炊もできちゃう(最近聞かないなまた聞きたい料理ネタ)最高にデキる男な潤くんが最高に好きです!!!!!

 

そんなこんなでかっこよくてきゅーとな潤くんも大好きなんですけども、

 

潤くんは私の人生の中で最大の目標となる人です。こんな風に生きたい、こんな風な人になりたい。鏡のような人です。

 

有難いことに前に立って人を動かす機会が何かと昔から多く、特に、高校時代、生徒会に入ってた私は、文化祭でのステージ企画のすべての責任者となった時。

 

照明、構成 、音声、タイムスケジュール等々 全てを任され、前に立ち、何百人もの生徒たちを動かす時。

 

人を動かすのってこんなにも難しいことなのかと痛感させられました。

 

こんな小さいステージを作るのにさえ何時間も何日もかかるのに、それ以上の規模を毎年毎年欠かさず用意してくれる スタッフさん、嵐5人、そして先頭に立って最高のクオリティを求める 潤くんにただただ 頭が上がらない思いをした瞬間です。 

 

 

自分の意思をきちんと人に伝え、常に最後まで諦めずに限界突破していき、周りからの信頼が厚い潤くんに、こんな経験をする度 心底憧れます。

 

私もそんな人になりたい。

 

そんな風に生きていきたいです。

 

 

そして、色んな人と関わりを持って人脈を広げ、その人脈を大切にしているそんな姿にも憧れます。

色んな世界で色んな人と出会うのが私の人生の最大のモットーです。

そういう意味でも潤くんは私の人生のお手本のような人。

 

 

 

以前、今の私の夢を与えてくれた恩師に「教師はエンターテイナーだ。」と言われたことがあります。

周りを最高に楽しませる事を上手く、

また最後まで妥協せずに考え抜いて、

周りを見ながら周りを引っ張っていく潤くんは、私にとっての最高のエンターテイナーです。

潤くんのようなエンターテイナーを目指し、憧れの職について、夢を叶える事ができればいいなと日々思ってます。

 

 

歳を重ねるにつれ、どんどん潤くんの存在が大きくなっているような気がします。

どのタイミングでこんなにも好きだな、憧れるなって思うようになったのかは正直覚えてません。むしろタイミングなんかなかった。

自分が人生経験を積み上げる度にどんどん惹かれていきます。

私の人生に間違いなく大きな刺激を与えてくれる大切な存在です。

 

 

 

疲れた時、諦めたくなった時、まず見る動画は ハワイとあゆはぴのメイキング。裏で潤くんが頑張ってる姿です。(今最高に見たいのにこのあいだの帰省で実家に置いてきてしまった死ぬ) いつも助けられてます。最高に頑張る力をくれます。

 

そしてもう1つ。

 

最高に頑張る力をくれる最高の魔法の言葉。

 


”前に進むのが難しい?
無理?諦めるの?
ひとりぼっちで悩んだり苦しんだり
でも僕も同じだよ?僕も
みんな同じ
それを乗り越えるのは自分自身を変える
勇気を持って 前に進む
苦しみを超えて
不安を超え
たくさんの流した涙は
いつか必ず成功に繋がると
僕は信じてる”

 

24時間テレビでタップをした時の

潤くんの言葉。

 

大好きでこの時の画像を組み合わせてホーム画面に一時期してました。

 

この言葉にも何度も救われてます。

こんな言葉を他人にかけてあげれる人に、そして、将来子どもたちにかけてあげれる先生になれればないいな。

 

 

 

まじでお前誰担🤦🏻‍♀️🤦🏻‍♀️🤦🏻‍♀️🤦🏻‍♀️🤦🏻‍♀️🤦🏻‍♀️一回消えよう()

 

 

そんなこんなで長くなりましたが、

34歳の潤くんも全力で突っ走って欲しい。

この一言に尽きます。

無理だけはしないで欲しいけども。

 

 

 

34歳の潤くんに幸あれ!!大好きです。

お誕生日おめでとう!!

 

 

 

 

2017.8.30 

 

 

 

 

 

 

 

34歳

 

二宮くん、お誕生日おめでとう。

 

 

語彙力豊富なフォロワーさんや二宮くん愛で溢れるフォロワーさんがたくさんいる中、自分がこんな風に思いを綴るのは如何なものかと思ったけど、今日だけは今日だけはと思い書いてみました。生まれて初めてです。こんなの書くの。(超!超!超!自己満!!自己満の世界!!)

 

 

 

わたしが嵐を好きになったのは2007年。(花男で堕ちたあの代です)

 

漢検に合格したら Love so sweetを買ってあげるよ といってくれた母。

初めて買ってもらったCDは嵐です。

もう擦り切れるほど1番聞いたCD。

 

あの頃、花男(拝啓は見てなかったんだ二宮くんごめん)→バンビーノ→やまたろ とドラマが続いたこと、シングルが立て続けに出たこと。

アルバムTimeが出たこと。

この流れに綺麗に沿って、わたしも嵐を追いかけるようになりました。 

 

MJウォークをWSで見て、嵐ってこんなにすごいライブをしてるんだ と感動したのも 記憶に残ってます。

「嵐のライブに行きたい」と素直に思った時はこの瞬間でした。

 

それからFCへ念願叶って入っていいよという許可を貰い、初めてライブに行けて、ペンライトの海を見た時の感動は忘れられません。

 

 

 

中でも二宮くん。

好きになったきっかけってなんだろう。

おそらく やまたろで 虹を聞いて この人はなんて人なんだ と10歳ながらも衝撃を受けたときにはもう多分堕ちてました。

あの時のわたしに大学生になった今でも追いかけてるよ〜〜って話しても信じてもらえないだろうし、まあ引くだろうな()

健気な重すぎる片思い、万歳/(^o^)\

 

 

周りに初めて嵐ファンであることを公言した時。

「え?なんでニノ??」

結構長い間言われ続けました。

最初の方は、なんかクラスの女子たちに囲まれて 迫られたこともあったな(笑)

好きなことを否定されるってこんなにも悔しいことなんだと学びました。

周りが櫻井翔ブームになって、

「なんで翔くんじゃない?!」とも言われたこともあります。(子どもすぎ)(小学生あるあるの一例やな)(あるあるじゃない)

 

数年後、「Mステのニノ、かっこよかった〜!」って興奮してわたしに言ってきた、女子達よ。ふざけるな()

 

妹と、担当が被って、今考えると一緒に応援すればいい話なのに、それが気に食わなかった当時の私らは、お風呂場でじゃんけんして負けた方が担当を変えるとかいう馬鹿なこともしました。

奇跡的にこの時勝った私は未だに二宮担ですが、負けてたらと考えるとゾッとします。

(この後 妹は魔王で大野担の沼へと。コンビは天然推し。智くんしか見えてません。妹よ、二宮くんはどこに行った)

 

ここまでたらたらと特に需要のない私の嵐、二宮くんの小さき頃の思い出を綴ってきましたが、何が言いたいかというと、気がつけば嵐を、二宮くんを応援し始めて10年経った、ということです。

 

同じ層が多いこと、もっと前から応援してる人沢山たくさん知ってます。嵐の辛かった時代を知らないド新規、アリーナ時代を知らないド新規。そう思われてしまうの承知です。

ごめんなさい。でも10年なんです。今年で。自分も20歳のタイミングだからちょっと考え深いな。

 

 

今日の主役、二宮くんを10年応援し続けてきて、辛い時、あなたの笑顔、歌、言葉に何度も何度も救われました。

 

 

私の中で1番最強なアイドルはステージに立つ二宮くんです。

 

「コンサートは、普通の男の子達が、神格化する空間。」と以前語ってました。

去年、色んな事があって、こんな事でかと思われるかもしれないけど、本当降りるか降りないか 初めてギリギリのとこまで悩みました。

でも、こんな気持ちを抱えたままではあったけど、コンサートに行けば、自然と双眼鏡で二宮くんを追ってて。二宮くんを探してて。キラキラアイドルしてる二宮くんを見て、二宮くんがステージにアイドルとして立ち続ける限り、私は目撃者として 足を運びたいし、見届けたいと思いました。あれだけ悩んだのに。(最高級に単純ですな)

昨年、今まで嵐一本だった世界を少し広げて、新たな趣味も増えましたが、やっぱり帰ってくるところはアイドルの二宮くんです。世界一かっこいいよ。

 

 

 

二宮くんの歌。

 

私は世界で一番好きな歌声は二宮和也だともう何年も言い続けてます。(ちなみに二番目はセカオワの深瀬さんです)(聞いてない)

何度救われたことか。

何度背中を押されたことか。

特に高校時代。友達関係、生徒会、大学受験と色んな場面で悩み、苦しんだ3年間の帰り道。バス停から降りて家に帰るまでの人通りが少ない数分間の道のりで何度も何度も聞きました。

 

1番好きな歌は 楽園 。 言葉のチョイスが大好きなのと、(星のシャワーなりチケットなり奢るなり)可愛らしい世界観が大好きです。ベストオブ現実逃避できる曲(やばい)

いつかギター片手にこの歌を歌ってる二宮くんを見たいです。

 

ガツンと背中を押して欲しいときにしか聞けないのは どこにでもある唄。1年に数回しか聞かない、聞けない歌。

二番のサビ前

ずっと泣くのを我慢してたら

笑えなくなっていた

ここから毎度毎度涙腺崩壊します。

 

 

 

 

二宮くんの言葉に関しては、何が好きなのかは非常に文字に起こしづらい、、、。

私の乏しい語彙力では文字に起こしきれない。

 

メイキングなりライブの挨拶なり、ベイストなり、itだったり、様々な場面で出てくる二宮くんの言葉や考え方にそうだよなと考えさせられた事多々あります。

 

今は降りてしまった元二宮担の1番仲のいい友人も未だに

「二宮くんの考え方なり、言葉なり最強だよね」と言ってくれます。(二宮担の方々伝わりますでしょうか、、、誰か文字に起こしたください、、、)(人任せ)

顔や歌声も大好きですが、あまり多くは語らない、ふとした時にぽろっと溢れる二宮くんの言葉も大好きです。

 

 

 

 

色んな事があって、全てが好き!!!大好き!!!と受け入れられるわけではないし、もちろんモヤモヤする事だってたくさんたくさんあります。ありました。去年一年。

ぶっちゃけもうそういう人なんだって軽く割り切っているし(勝手に悟り開いた())、今、毎日頑張る糧をくれる 二宮くんが 私は好きです。

 

 

 

始まりがあれば終わりがある。

 

いつか二宮くんが語っていたように、私が嵐を、二宮くんを追いかけるのをやめる、もしくは、嵐が嵐でなくなる瞬間がやってくるかもしれません。

 

でもその時を迎えるまでは、精一杯応援して、嵐と、二宮くんとたくさんの幸せな思い出を作れればなと思います。

 

 

そして今日、初めてお誕生日当日に二宮くんに会えるのがとってもとっても楽しみです。

 

リアラ福岡公演。もっと早くFCに入りたかったと悔やみました。

 

数年前のワクワク。

当時さすがに遠征なんてさせてもらえなかった時、ツイッターでレポが回ってきた時めちゃくちゃ悔しかったの覚えてます。

 

いつかいつか綺麗に被る日がくればなと思ってました。

 

至る所に 0617を入れまくってて、多分世界で1番好きな文字列です。(きもい)

楽しみです。めちゃにやける(笑)何にも無くてもいいから おめでとうくらい言いたい。叫びたい。(みんなでおめでとういう時間くらいは設けて欲しい)(あ〜〜泣ける、、、)

そしてそんな日をここで出会えた 最高の仲間たちと祝えるなんて もう多分世界一幸せな日でしかないなと思ってます!!!!!!(ホーミーズちっくに)(友よ〜〜)

 

 

 

締め方がよくわかんなくないな。

ここまで読んでくれた方はいるのだろうか。(いないな)

もしいたら、長文失礼しました。本当に語彙力無くてごめんなさい。薄いです。でも重いですか。ドン引きですね。()

どうかどうかこれからも仲良くしてください(土下座)

 

どうしても残しておきたかった、10年目のお誕生日。そして初めて自担のお誕生日を直接祝える日のこの日を。

 

 

34歳の二宮くんも輝き続けますように。そしてたくさんの幸せを今年もください。

 

お誕生日おめでとう!大好き!!

 

2017.06.17